発毛効果のあるリアップ|副作用に関する情報サイト

メンズ

血流改善の及ぼす影響

頭の手入れ

頭皮の血流を改善する効果

リアップは大正製薬から発売されている、ミノキシジルを主成分とする発毛剤です。その特徴は何といっても、厚生労働省から発毛剤として日本で唯一認可を受けている、第一類医薬品であるということです。成人男性の壮年性脱毛症、つまりゆっくりと進む薄毛、いわゆる家族性の薄毛を対象とします。その主要な成分であるミノキシジルは元々アメリカで高血圧の薬として研究されたもので、血管を広げで血の流れを良くする効果があります。薄毛が進行する原因の一つは、頭皮の血流が悪くなって、毛根に栄養がいきわたらないということですから、血の流れを良くすれば薄毛の進行を止めたり発毛を促すと考えられます。そのリアップですが、医薬品ということで副作用が無いわけではありません。ましてや長期にわたって使うものです。副作用については念のために確認しておくことが望ましいでしょう。

皮膚と血圧注意

リアップの副作用ですが、実際に報告が多いものはかゆみ、ほてり、むくみ等の皮膚のトラブルと、血圧の低下です。皮膚のトラブルとしては、頭皮につけた直後から、ジンジンするような熱感を感じることがあるようです。また、皮膚のかゆみを感じる方もいるようです。恐らくは頭皮付近の血流が促進されることから起こるのでしょう。しばらくすると慣れてくる方も多いようですし、最近のリアップは、皮膚に冷感を与えるエタノールを配合してこの症状を抑えています。とは言え、皮膚の弱い方、アレルギー性皮膚炎の方、湿疹ができている方等は、副作用が強く出やすいので、専門家に相談しましょう。もう一つは、血圧低下です。主成分ミノキシジルは高血圧治療薬ですので、血圧が下がります。通常は問題ない範囲ですが、低血圧の方や、高血圧で降圧剤を飲んでいる方は注意が必要ですので、医師や薬剤師に相談する必要があります。

Copyright© 2016 発毛効果のあるリアップ|副作用に関する情報サイト All Rights Reserved.