【高血圧サプリの飲み方】副作用が出ない高血圧サプリの正しい飲み方!

血圧を下げるサプリは正しく飲まなければ本来の効果を発揮することはできません。
ここでは、血圧を下げるサプリの正しい飲み方をマスターし、効果的に成分を摂取していくための知識をつけましょう^^

難しい話はほとんどありません。
血圧を下げるサプリの正しい飲み方を習慣化させていきましょう!

血圧を下げるサプリは何で飲めばいい?水?お湯?かんでもいい?

まずは血圧を下げるサプリを何で飲めばいいかをしっかり抑えていきましょう。
ざっくり結論だけまとめると、
血圧が高めの方のタブレットなどの血圧を下げるサプリは水もしくはお湯で飲めばOK
余計な成分を含むコーヒーや紅茶などは飲まないこと。
タブレット型や錠剤タイプのサプリはかまないこと。

これらを覚えておきましょう!
では、なぜこのようにして飲むのが正しく効果的なのかを説明していきます。

高血圧サプリは水かお湯で飲むべき? 水なしor水以外で飲んでもいい? 徹底解説!

血圧が高めの方のタブレットのようにタブレット型もしくは
錠剤型のサプリは液体と一緒に飲む必要があります。
間違ってもタブレットや錠剤型サプリ単体で飲んではいけません。

水なしで飲むとサプリがが食道にくっついてしまうこともあります。
サプリは飲み込まれる時に膵液や水と一緒に食堂を通って胃に運ばれます。

水やお湯などの水分なしでサプリだけを飲み込むと、
胃や食道にくっついてしまい粘膜の傷や、出血の原因になります。

さらに、水分なしでサプリを飲んでしまうと
サプリが喉に引っかかったり詰まったりしてしまい大変危険です。

なので、血圧を下げるサプリを摂取する際は必ず何かの液体とともに飲む必要があります。

一緒に飲む液体にもいろいろな種類がありますが、
サプリを飲む場合基本的には水かお湯で飲むことになります。

例えば、血圧が高めの方のタブレットの場合は
サプリ本体にも水かお湯で飲むようにという指示が書いてあります。
他の錠剤型もしくはタブレット型のサプリの場合も基本的には水かお湯で飲んでください。

少し変わったものとしては、
血圧が高めの方の健康緑茶のようにお茶っ葉タイプのものもあります。
このようなサプリの場合は指示に従いお茶にして飲みましょう。

続いて、一緒に飲んではいけない液体についても説明していきます。
サプリの消化吸収を妨げるような成分もしくは
一緒に飲むことで身体に悪影響及ぼすような成分が入っている液体で飲む事は控えましょう。

具体的にはジュース、コーヒー、紅茶やお酒などと一緒に飲まない方がいいです。
これらの飲料には水分以外の余計な成分が含まれています。
特にコーヒーのカフェインやお酒に含まれているアルコール等は
血圧を下げるサプリに含まれている成分と一緒に摂取するのに向いていません。

血圧を下げるサプリの成分を消化吸収し血圧を健やかに保つ上で、
アルコールやカフェインなどの成分は邪魔になります。
サプリに含まれている成分にもよりますが、変な化学反応などが起こっても怖いですからね。

どうしてもアルコールやコーヒーを飲みたい場合は、
サプリを摂取する時間の前後30分以上、できれば2時間以上の間隔をあけるのがオススメです。

特別な指示がなければ、
血圧を下げるサプリは水かお湯で飲むようにしましょう。
大抵はサプリに何で飲めばいいかも記載されているので、
その飲み方が最も効果的な飲み方ということになります。

血圧を下げるサプリはかんで飲んではいけない

血圧を下げるサプリを飲むときは水やお湯で飲むことが良いのはわかりました。
ではサプリを飲む際、かんで飲んでも良いのでしょうか?

結論から言うと、血圧を下げるサプリを摂取するときはかまないほうがいいです。

まず、サプリの中に含まれている成分には胃だけでなく
腸内に到達して初めて効果を発揮するものもあるからです。

サプリを噛んでしまうと、
胃で錠剤やタブレットの中に含まれている成分が溶かされてしまいます。
こうなると、腸内で吸収されなければならなかった
血圧を下げるサプリの成分が体内に取り入れられなくなります。

さらに、血圧を下げるサプリを噛んでしまうことで、
成分が通常よりも早く溶けてしまいます。
タブレットや錠剤型のサプリの中には
成分が溶けるスピードが遅れてやってくるものもあります。

同じサプリの中でも、早く吸収されなければならない成分は早く溶けるようにできていて、
ゆっくり吸収されなければならない成分は溶けるのが遅くなるように作られています。
血圧を下げるサプリを噛んでしまうことで、
こうした吸収されるべき成分の時間差が正しく反映されなくなります。

以上のように、効果的に体内でサプリの成分を吸収するためにも、
血圧を下げるサプリのタブレットや錠剤はかんではいけません。

最後に、成分の体内吸収の観点以外でも、血圧を下げるサプリを噛むことをお勧めしません。

タブレット型や錠剤型のサプリの中の粉末にはものすごく苦い成分なども入っています。

タブレットや錠剤の中にあれば無味無臭ですが、
噛んでしまうとそういった苦い粉末も出てきてしまいます。

血圧を下げるサプリを飲む際に苦味を感じたくはないですよね?

味の観点からも、血圧を下げるサプリを噛むことはお勧めしません。
水かお湯で飲んでしまいましょう。

関連記事:血圧サプリの安全性と副作用について

血圧を下げるサプリはいつどのタイミングで飲むと効果的なのか?

ここからは血圧を下げるサプリを効果的に摂取するための飲むタイミングについて見ていきましょう^ ^

基本的には、血圧が高めの方のタブレットのようにいつ飲んでもいいと書いてある血圧を下げるサプリが多いです。
ただし、朝に血圧が高くなる場合や夜に血圧が高くなる場合など個々人によって最適な飲む時間帯があります。
一番効果的な時間帯に血圧を下げるサプリを飲むほうがいいです。
また、飲み忘れ防止の観点からも飲む時間帯は決めておきたいですね。

結論から言うと、おススメは夜の食後に血圧を下げるサプリを飲むのがおススメです。
理由や例外事例なども含めてこれから説明していきます。

血圧を下げるサプリを飲むタイミングの決め方 いつ飲むべきかのカギとは

血圧を下げるサプリを飲むタイミングは、基本的にサプリに書いてあります。
例えば、血圧が高めの方のタブレットであれば、1日1粒をいつ飲んでも良いことになっています。

ですが、血圧を下げるサプリを飲む際は個々人の血圧が上がる時間帯の前や、
飲み忘れを起こしにくい時間帯に飲むのがベストです。

朝に飲むのがいいのか。夜に飲むのが良いのか。食前、食後いつ飲むのがいいのか。これらを解説していきます。

結論:血圧を下げるサプリを飲むタイミングはサプリによる。時間帯の指定がなければ自分の血圧が上がりやすい時間帯に合わせて飲むこと。

血圧を下げるサプリは基本的にはいつ飲んでもいい

1日1度だけ飲むサプリの場合は、
24時間体内で成分が働き続けるようにできているため基本的にはいつ飲んでも大丈夫です。
必ずこの時間帯でないといけないというものではないです。

ですが、消化器官の活発度や血圧が上昇する時間帯も含めて、自分にとって効果的な飲む時間帯を決めるとよいですね。

【血圧を下げるサプリ飲み方】血圧を下げるサプリはいつ飲むべきか?おススメは夜の食後に毎日一回飲むこと

基本的にはいつ飲んでもいい血圧を下げるサプリですが、
夜の食後に飲むことをお勧めします。

まず、食後が良い理由の一つとしては飲み忘れが少なくなるからです。
血圧を下げるサプリを飲む際、よくあるミスが飲み忘れです。
食後であれば習慣付けもしやすいですし、飲み忘れを起こしにくいです。

さらに、食後は消化器官が活発化しているため、
サプリの成分の吸収効率もその他の時間帯に比べ良くなっていることが多いです。
特別な理由がない場合は食後にサプリを飲むのが良いでしょう。

食後以外の時間帯としては、朝ではなく、夜に血圧を下げるサプリを飲むのがオススメです。
夜にサプリを飲むのがオススメな理由は3つあります。

1.降圧薬を飲む場合、朝よりも夜に飲む方が糖尿病などになるリスクが減ると言う報告があります。
血圧を下げるサプリは薬ではないですが、朝よりも夜に飲む方がいいと考えられます。

2.平均的には血圧は朝方から上昇し、昼から夜にかけて低下します。
そのため、一番血圧が高くなる朝に備えて夜に血圧を下げるサプリを飲んでおくのがよいでしょう。
特に、早朝高血圧と言って、朝方に急激な血圧上昇を起こす高血圧の場合は夜に確実に血圧を下げるサプリを飲みましょう。
高血圧に伴う血管の破裂や詰まりにより生じる急性の心筋梗塞の発作も朝方に発生することが知られています。

血圧の24時間変動 夜に血圧が低下し、朝方に上昇する


引用元:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/bp/pamph61.html
心筋梗塞発作の起床後の頻発時間 起床1時間以内の発作が最も多い

(引用元:http://www.terumo.co.jp/consumer/guide/symptom/hypertension/danger.html
高血圧のリスクは朝に高まることが上の二つの図からよくわかりますね。

3.朝だけでなく、夜になっても血圧が高いままの人もいます。
腎臓障害、自律神経障害そして睡眠時の無呼吸症候群を併発している人は
血圧が夜から朝にかけても高いままであることが知られています。
このように、夜になっても血圧が下がらない人にとっても朝より夜に血圧を下げるサプリを摂取するほうが効果的です。

以上から、血圧を下げるサプリは朝よりも夜に飲む方がおススメであることがわかります。
さらに、食後の方がサプリの成分の消化・吸収効率も高まっていることから、
”夜の食後”が血圧を下げるサプリを摂取するベストなタイミングであることがわかります。

ただし、夜に低血圧になるような特殊なケースの場合は、朝ご飯の後のほうがいいですね。
夜の食後に血圧を下げるサプリを摂取すると夜から血圧が健やかに保たれますが、
夜に急激に血圧が低下してしまう人は血圧が下がりすぎる恐れがあります。

血圧が下がりすぎてしまうと、ふらふらになってしまうので注意です。
日々の血圧を測定し、夜に低血圧になっていないかはチェックしておきましょう。
夜に低血圧になっていなければ問題ないです。
一番効果が発揮できる夜の食後に血圧を下げるサプリを飲みましょう。

勝手に分けて飲まずに正しい回数・間隔で飲むこと

高血圧になっている時間帯が複数ある場合や、1日中血圧が高い!
そんな場合は血圧を下げるサプリを飲む回数を分けて1日の中で何度も飲むほうがいいような気もしてきます。

しかし、このように自分で勝手に飲む回数を分けてはいけません。
飲む分量が変わってしまうと体内に摂取される成分が不十分になってしまい効果的な飲み方になりません。

まあ、血圧が高めの方のタブレットのように一日一粒の血圧を下げるサプリだとそもそも分けて飲めないんですけどね^^;
他のサプリでも回数を自分で勝手に変えたり、用量を変えたりして飲むタイミングを分けて飲まないようにしましょうね。
正しい回数・間隔で血圧を下げるサプリを飲むのが血圧を健やかにする上で効果的です。

どのくらいの期間飲み続けなければならないのか?

血圧を下げるサプリを飲む場合どのぐらいの期間飲み続ければ良いのでしょうか?
飲むサプリによって飲み続けなければいけない期間は異なりますが、基本的にサプリで健康維持を行う場合は、3カ月間は毎日飲み続けましょう。

血圧を下げるサプリに限らず、機能性表示食品に選ばれているサプリはどれも3ヶ月ほど飲むことが推奨されています。
ただし、効果的な成分を含む血圧を下げるサプリの場合は、3ヶ月経過する前に血圧が低下してくるでしょう。

例えばヒハツ由来ピペリンのように、摂取後、1〜2週間程度で効果が出てくるものもあります。
この場合でも、サプリを飲み続けることで血圧を健やかに保つことができます。
そのため血圧が適正な値になってきたからといって、急に飲むのをやめない方が良いでしょう。

また、サプリの成分による効果は個人差もあります。
摂取するサプリによっては血圧にあまり変化がないかもしれません。
できるだけ1日あたりの価格が安く、血圧を下げるサプリに含まれている成分が早く血圧に変化を与える有効成分を摂取したいですね。

大正製薬から販売されている血圧が高めの方のタブレットに配合されている
ヒハツ由来ピペリンのように、短期間で効果が分かるものから飲み始めてみることをお勧めします。

毎日飲むことが血圧を下げるサプリの成分の効果を発揮する飲み方!

血圧を下げるサプリを飲む際は必ず毎日飲み続けましょう。
今日はサプリを飲む、明日は飲まない、明後日は飲む…というように、
飲むタイミングがバラバラで毎日飲むことを怠っていると、血圧を下げるサプリに含まれている成分が効果を発揮できません。

毎日しっかり続けて飲み続けることが大事です。継続は力なりですね。
血圧を下げるサプリを飲み続けて有効成分の効果を体に取り込みましょう。

血圧を下げるサプリを用量・用法を守って飲むのが一番効果的な飲み方


血圧を下げるサプリを飲むときは用量・用法を守って正しく飲むことが大事です。
サプリの摂取量はサプリによって定められています。
サプリの効果を高めたい、もしくは節約して使いたい。
そんな考えから、自分で勝手に飲む量を変えてはいけません。
過剰摂取は思わぬ副作用の原因となりますし、少なすぎれば効果が出なくなります。

体の害になるような間違った飲み方を勝手にしてはいけません。

【血圧を下げるサプリ飲み方】 血圧が高めの方のタブレットの飲む量は一日一粒

当サイトでおススメしている血圧を下げるサプリの血圧が高めの方のタブレットの場合は、
一日一粒だけ飲むようにとサプリにも公式ページにも記載されています。

このように、公式ページにしっかりと用量・用法が記載されています。
毎日一粒、三カ月間飲み続けることが血圧が高めの方のタブレットの用量・用法です。

勝手に飲み方を変えることなく、
サプリの説明や公式ページに書いてある方法でサプリを飲み続けましょう。

血圧を下げるサプリの摂取目安と用量は? 過剰摂取に注意!

血圧が高めの方のタブレット以外の血圧を下げるサプリの飲み方や摂取目安はどうでしょうか?
ここでは、血圧が高めの方のタブレット以外の摂取量なども簡単に挙げてみますね。

・きなりの飲み方、用量、摂取目安:一日4粒を毎日3カ月間飲むこと。粒が大きいので注意。

・計圧サポートの飲み方、用量、摂取目安:一日6粒を毎日3カ月間飲むこと。魚臭いので注意。

・しなやかケア・DHA&EPAの飲み方、用量、摂取目安:一日6粒を毎日三カ月間飲むこと。

こんな感じでそれぞれのサプリによって飲む用量・摂取目安は決められています。
どの血圧を下げるサプリもちゃんと用量は決まっています。

決められた用量を超えて過剰摂取・多量摂取になってしまうと、
体に取り込むことで健康促進につながる成分を摂取していたはずが逆効果になってしまいます。

飲む量が足りない場合はそのサプリを飲まなかった場合とほぼ同じになるだけですが、
飲みすぎになると普通なら悪影響がなかった成分が体に害を与えてしまい危険です。
血圧を下げるサプリの場合も、他の食べ物・飲み物・調味料と同じく摂取しすぎは良くないです。

血圧を下げるサプリによって定められた用量・用法をしっかり守って摂取していきましょう。

血圧を下げるサプリを飲み忘れた時はどうすればいい?対処法や飲み忘れ防止法を解説

ここでは血圧を下げるサプリを飲み忘れたときの対処法について書いていきます。

血圧を下げるサプリを飲み忘れたときも上限摂取量を守ること

先ほど説明したように血圧を下げるサプリには必ず上限摂取量や用量・用法が設定されています。
しかし、日々の忙しい生活の中でサプリを飲み忘れてしまうこともあると思います。
血圧を下げるサプリを飲み忘れてしまったら、飲み忘れた分を含めて二回分飲んでもよいのでしょうか。

結論から書くと、”飲み忘れがあっても一度に二回分飲んではいけません”。

飲み忘れた血圧を下げるサプリの飲み方が一日一回の場合

血圧が高めの方のタブレットのように、血圧を下げるサプリの多くは
一日に一度飲むことで24時間効果が得られるようにできています。
そのため、一度飲み忘れてしまったからと言って、
二回分を一気に飲んでしまうと過剰摂取になってしまいます。

過剰摂取は思わぬ副作用の原因になるので、
サプリを飲み忘れても二回分飲むことは控えましょう。
血圧が下がりすぎると今度はふらふらになってしまい、危険です。

仮に飲み忘れてしまっても正しい用量で気づいた時からまた再スタートして、飲み続けましょう。

飲み忘れた血圧を下げるサプリが一日二回摂取するものの場合

今度は飲み忘れてしまったサプリが一日に二回の複数回に分けて飲むものの場合です。
一日二回飲んでいいのであれば、一度飲み忘れたとしても一度に二回分飲んでもいいような気がします。

しかし、一日二回飲むサプリであっても、
飲み忘れた後に一度に二回飲むのはNGです。

サプリの有効成分には持続時間があるため、一度に多量摂取すると思わぬ副作用や体調不良につながり危険です。

そのため、一日二回飲むサプリを飲み忘れた場合でも一度に二回分飲んではいけません。
飲み忘れをその日の補う場合は、一度飲んでから4時間は間隔をあけましょう。

言うまでもないですが、忘れた前日の分を含めて4回分飲むのはダメですからね^^;

【血圧を下げるサプリ飲み方】 飲み忘れないために血圧を下げるサプリは毎日同じ時間に飲むこと

ここまでで血圧を下げるサプリを飲み忘れた場合の対処法・注意点について説明しましたね^^

ただ、そもそも血圧を下げるサプリを飲み忘れないことが大事ですよね。
飲み忘れないコツは習慣化ですね。毎日同じ時間に飲むようにするのがおススメです。
私はサプリを飲み忘れないためにシンプルですが、スマホでアラームをセットしています。
夜8時にアラームをセットして毎日鳴るようにしています。
そのアラームを聞いたら、血圧が高めの方のタブレットを水で飲んでいます^^

アラームをセットする以外だと、やはり晩御飯の後とかで決めることですね。
私の場合は晩御飯の時間を食べて少ししたくらいでアラームが鳴るようになっています。
毎日同じ時間に飲む習慣をつけるのが一番いいと思います。

血圧を下げるサプリで副作用が出ない飲み方・飲み合わせを成分別に解説!

最後に血圧を下げるサプリを飲むときに副作用が出ない飲み方をマスターしましょう^^

血圧を下げるサプリに含まれる成分によっては
同時に取り入れると副作用が出る成分もあります。

血圧を下げるサプリに含まれている成分ごとに
どんな他の成分と一緒に飲まないほうがいいかを理解しておきましょう。

ほかのサプリとの飲み合わせや薬との飲み合わせにも注意しておきましょう。
同じ成分が含有されていると過剰摂取になる恐れがあります。

また、持病によっては体に合わない成分もあるので注意しましょう。

これらの問題を避けるために、ヒハツ由来ピペリンのように
副作用報告がない成分が使われている血圧を下げるサプリを利用することをおススメします。

サプリを飲むことで副作用が出る成分を知ろう

血圧を下げるサプリにも様々なものがあります。
大抵はそのサプリ単体の成分で副作用は生じないのですが、
人によっては副作用が生じてしまうこともあります。

ここでは、血圧を下げるサプリによく含まれている成分で
一緒に摂取しないほうがいいものを解説していきます。

カリウムの過剰摂取で生じる副作用

血圧を下げるサプリや一般的な健康食品に含まれている成分のカリウム。
カリウムは血中のナトリウム濃度を下げる効果がありますが、
多量摂取すると体に悪影響を及ぼす可能性があります。

実際に報告されているカリウムの過剰摂取で生じる副作用は
高カリウム血症という症状を引き起こすことです。
高カリウム血症になると筋収縮の調節がうまくできなくなったり、
四肢のしびれなどが起こり、神経系に悪影響が起こります。

もともと血圧を下げるサプリは用量・用法を守って飲まなくてはいけませんが、
カリウムサプリの過剰摂取は絶対に控えましょう。

【血圧を下げるサプリ飲み方】DHA&EPAの過剰摂取で生じる副作用

DHA&EPAも血圧を穏やかにする上で有用な成分です。
しなやかケア DHA&EPAなどに含まれている成分で血液をサラサラにする効果があります。

血液をサラサラにすることで血流をスムーズにし、血圧を穏やかにすることができますが、
血液がサラサラになると血が固まりにくくなるという副作用があります。

適量であれば基本的には問題ない成分ですが、過剰摂取するとケガをした時に血が固まらなくなってしまい、体内の血液が一気に失われる可能性もあります。

何か大けがをしたときに血液凝固がうまく機能しなくなり、重症化する可能性もあることを覚えておきましょう。

にんにくの過剰摂取で生じる副作用

にんにくも血圧を健やかにするのに多少ではありますが役立つ成分(食材)です。
血中のコレステロール濃度を少量減らしたり、動脈硬化の進行を遅らせてくれる効果があるので血圧対策に適しています。

しかし、にんにくを過剰摂取してしまうと
口臭や体臭の悪化はもちろん、胸やけや胃のむかつきなども起こってきます。
また、アスピリンなどと同様に血液凝固の効果を薄める作用もあります。
そのため、ニンニクを過剰摂取すると血が固まりにくくなるのでケガをしたときに危険性が増します。

DHA&EPA同様、血が固まりにくくなるのは怖いですよね。

【血圧を下げるサプリ飲み方】ラクトトリペプチドの過剰摂取で生じる副作用

カルピスの乳酸菌飲料から抽出されたラクトトリペプチドも過剰摂取すると副作用が生じます。

体質にもよるため、ほとんどの人は該当しないですが、
ラクトトリペプチドを摂取することで咳が止まらなくなるという報告もあります。
もしラクトトリペプチドを摂取して咳が続くようであれば一度サプリの利用をやめ、医者に行くことをおススメします。

まあ、そもそもラクトトリペプチドの入ったサプリを飲まないのがベストだと思います^^;

GABA(γ-アミノ酸)の過剰摂取で生じる副作用

血圧を下げるサプリに含まれている成分の中で副作用が報告されている成分として有名なのはGABA(γ-アミノ酸)です。

GABAは野菜や果実に含まれるアミノ酸の一種で、血圧効果作用を持つ成分として知られています。

ただし、このGABAは過剰摂取すると様々な副作用があることで知られています。
副作用は、食欲減退、腹痛、手足のかゆみ、胃腸障害、吐き気、呼吸の乱れと様々です。
個人差もあるのでGABAの多量摂取は控えたほうがいいでしょう。

サプリでもGABAが多量に配合されているものを選ぶのはやめましょう。

過剰摂取による副作用報告がないヒハツ由来ピペリンがおススメ

最後に、副作用報告がこれまでされていないおススメの成分ヒハツ由来ピペリンについて。
ヒハツ由来ピペリンは血管を広げ、新陳代謝を促進して血圧を健やかにします。
これまで過剰摂取による副作用報告がないのでヒハツ由来ピペリンが配合されている血圧が高めの方のタブレットから血圧を下げるサプリの摂取を始めることをおススメします。

ヒハツ由来ピペリンはヒハツと呼ばれる長胡椒から抽出した成分で、
調味料としても使われる成分を基にしているため、摂取したことによる副作用報告がありません。

もちろん、ヒハツ由来ピペリンだからと言って過剰摂取をしていいわけではないです。
新陳代謝を高める働きがあるため汗を普段よりかくことになり不愉快な想いをすることになるでしょう。
体内に大きな副作用は生じないと思いますが、ちゃんと用量・用法を守って摂取することをお勧めします。

関連記事:血圧を下げるサプリに含まれる成分と効果について

血圧を下げるサプリは他のサプリや薬と飲み合わせしないこと

副作用報告がない成分を配合した血圧を下げるサプリは過剰摂取さえ注意すればほぼ安全です。
ただし、稀に他のサプリや薬に含まれている成分との飲み合わせで副作用が生じることもあります。
血圧を下げるサプリに含まれている成分と同じ効果を持つ成分を含有しているサプリや
薬と飲み合わせる場合には特に注意が必要です。

先ほど説明したカリウム、DHA&EPA、にんにく、GABAはもちろんのこと、
他にも一緒に飲み合わせないほうがいい成分があります。

基本的に複数のサプリや薬を同時摂取することはやめておくべきですが、
もしどうしても複数のサプリや薬を同時に摂取したい場合は
医者に事前に含有成分の飲み合わせの危険性をチェックしてもらいましょう。
思わぬ副作用を生じさせないためです。

こうした飲み合わせの心配がないように、副作用報告がない
ヒハツ由来ピペリンを配合した血圧を下げるサプリで血圧を健やかに保つのがおススメです。

血圧を下げるサプリで一緒に飲み合わせすべきでない成分について

血圧を健やかに保つ上で摂取する成分の中にはいくつか飲み合わせないほうがいいと報告されているものがあります。

・DHA&EPAとにんにく:どちらも血液凝固作用を弱めるため。血が固まらなくなる危険あり。

・ゴマペプチドとゼラチン:同時摂取するとアレルギー反応が出て体に悪影響が出る恐れあり。

・ペプチド系と大豆イソフラボン:両方を同時に過剰摂取することで副作用報告アリ。

・GABA(γアミノ酸)とアルコール:GABAはアルコール依存症を促進させる報告がある。

以上のような成分の飲み合わせには特に注意が必要です。
他にも薬などを日ごろから服用している場合はサプリとの同時摂取を避けるべきです。
どうしても摂取しないといけない場合は医者に診てもらうことをおススメします。

持病によっては血圧を下げるサプリで思わぬ副作用が起こることも

血圧を下げるサプリを摂取する際、消化器官や血圧に関係する持病を持っている場合は
あらかじめ医者に相談してから血圧を下げるサプリを摂取するのがおススメです。
例えば、血が固まりにくいなどであればDHA&EPAのサプリは利用してはいけません。

ヒハツ由来ピペリンのように食品として利用されている成分を配合したサプリの利用がおススメです。

腎臓病を持っている場合はカリウムを摂取しないこと

カリウムは血中のナトリウム濃度を下げる効果があり、血圧を健やかに保つ上で有用な成分の一つですが、腎臓に持病を抱えている場合は摂取量を抑えましょう。

腎臓に疾患を持っていると、体内のカリウムを尿でうまく排出できなくなります。
カリウムの排出ができなくなると高カリウム血症になってしまい大変危険です。

腎疾患の持病を持っている場合はカリウムが含有された血圧を下げるサプリを飲まないようにしましょう。

血が固まりにくい人はDHA&EPAやにんにくの摂取を控えること

DHA&EPAやにんにくも高血圧の人向けに摂取するとよい成分として有名ではありますが、
これらは血液凝固作用を抑制して血液をサラサラにします。

そのため、血が固まりにくかったり、
血友病を患っている場合は摂取を控えなくてはいけません。

やはり、持病のあるなしにかかわらず、
副作用報告がされていないヒハツ由来ピペリンが血圧を健やかに保つための成分としておススメですね。

 

関連記事:【血圧を下げるサプリランキング】効果的な血圧サプリの口コミと最安値で購入する方法!

【おすすめ血圧を下げるサプリランキング】今評判の安くて効果的な血圧サプリ!

更新日:

Copyright© 【血圧を下げるサプリランキング】効果的な血圧サプリの口コミと最安値で購入する方法! , 2019 AllRights Reserved.